スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--

共感・感銘・・・

Category: Books  

こんにちは。 サボってました~またまた ご無沙汰です``r(^^;)ポリポリ

今日は、久しぶりの日差しがありますね、とは言っても 殆ど雲~。
昨日は、 めちゃんこ寒かったぁ~~~~(>o<")ボタン雪降ってたもんね~ビックリでした。
積もらなくて 子どもは残念がって居たけど、私は ホッとしたよ~。

本日午前中は 先週末に続き、また 中学校へ行ってました。
行く予定は無かったのですが・・・
参加者があまりにも少ないので・・とPTA役員よりお電話いただいて・・・特に用も無かったのでね。
校長先生(4年前の前任校長)による「親の心、子どもの心」の講演会に出席してきました。
色々 分かりやすく楽しくお話してくださったのですが
私が一番 印象に残り参考にしたいと思った言葉は・・・

「子どもが‘社会に対してマイナスな事をしたら即注意し止める!止めさせる!’
しかし、‘本人のマイナスになる事は 放っておく’
そして私達‘親に対してマイナスになる事をした時は 我慢をする’」です。

この言葉だけ 載せても ちょっと語弊があるかも知れませんが・・・。
私達親は、当然のことですが かつて子どもだったのです。
‘親の心、子知らず’なんて言葉がありますね。
子どもを経験している私達ですが、その頃の気持ちを忘れていたり
今の自分の立場や考えだけで、 子ども達に言葉を発してないか?
‘子どもの心、親知らず’なのではないか。

子ども達の言葉だけでなく 表情やニュアンスを見落としてないか?
どんなに悪いと想われている子どもにも 必ず良いところがある。
自分の見栄や体裁や欲求などで 子どもに言葉を発していないか?
でも、子ども達に対する 親としての欲望は 子どもの成長に大切である。

・・・わかるかな・・・説明下手で分かり辛かったら ゴメンネ。
まぁ・・親は 子が幾つになっても可愛いもので・・つい甘くなりがちです。
(特に 日本の親は そうだと言われてますね)

私は、想っているからこそ・・・親として経験や知恵で分かる事、想定がつくこと・・
つい先走りしてアドバイス? 余計なお節介?をしてしまう事があります。
放任が良いと思っている訳ではありませんが・・・
最近 思ってはいたことなのですが
我家の場合を振り返り・・・子どもを想う気持ちは今までのままでも
もっと 放っておいてもいいのかもなぁ~と再確認させられ、参加して良かったです。
・・・やっぱり、色んな人の話を聴ける機会は 大切にした方がいいと思います。

ところで、最近読んだ本の紹介なのですが・・・
 


『聖なる予言』 著者 ジェームズ・レッドフィールド

この本は とある方が 悩める私にプレゼントして下さったのです。
少し前に頂いていたのですが・・・
睡魔に負けたり・・最近、遊びまわって_(^^;)ゞばかりの私でしたので・・・
一昨日、昨日の2日間で やーっと読み終えました。

解説によると(十数年前に) アメリカで流行り 日本でも流行っていたそうです。
私にプレゼントしてくれた方も その頃 読んだみたいです。

「最初は 小説みたいでちょっと・・・。だけど、中盤後半は`あぁ そうだったんだ!
だから そうなんだ~!’って気持ちや考えがつながっていくよ。」と・・・
この本を読むと 少しは気持ちが軽くなるような事を言ってくれました。

読んでみて・・・本当にそうでした!
私の数少ない好きなTV番組でもある「オーラの泉」の江原さんや美輪さんの話してる事にちょっと近い?
そんな印象も受けました。
本の感想や説明は ここだけでは 語りつくせないほど 内容が深いです。
簡単に言うと・・・自分の存在価値を考えられる、わかる?本だと思いました。
私は特に、過去の親子関係の結びつき意味、の部分に ドキッとさせられました。
親の尊敬する部分とそうでない部分、そうなりたくないと反面教師にしていましたが・・・。
アホな私には 1度だけでなく、また読み返しが必要だなぁと感じました。

興味を持った方、是非、手に取り読んでみてください。
タイトルは 宗教じみていますが・・・内容は、なんていうか・・・自己啓発?
それを冒険小説にして 読みやすくしていると思います。
(アホな私は 途中 何度も読み直したりしたけどね( ̄∇ ̄;)ははは)

追加です:最後になってしまいましたが・・・
この本を 薦めてくれた お友達Eちゃん♪(と、しておこう~ふふ)
私のことを 気にかけてくれて ありがとう
悩みを聞いてくれて 心配してくれて ありがとう
話を聴いてくれて、そしてこの本を読んで、 重かった気持ちが すごく軽くなったよ。
結構な意識改革になったよ。 本当に ありがとう~。そしてこれからも ヨロシク( ̄∀ ̄*)ネ
スポンサーサイト
テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌
 2009_02_28

Comments

 

私は、ここでよくinapinちゃんの記事を読んで
子育てについて、お勉強させてもらってます。
だからやっぱり、色んな人の話を聴くことって
大切なんだな~~って、すっごく私も思う♪

 『本人のマイナスになることは、放っておく。』

うちの長女!
鼻の穴に指を突っ込み、そのまま口へ、ぱくっ。この光景を見るたびにいつも、口うるさく止めさせようと注意してるんだけど、これは
本人のマイナス? 放っておくべきなんだろうか・・・?
ごめん、悩みが低レベルで・・・笑
ぴぽぱ  URL   2009-03-01 16:20  

ぴぽぱちゃんへ 

コメント ありがとっ♪
毎度・・・返事が遅くなりまして(><) ごめんなさいね!

あはは!鼻の穴に突っ込んだ指をお口へ・・・ね。
ごめん、笑い事じゃないか?失礼~。
そんな同級生居たなぁ(小学生の時、女の子で)
確かに~その光景みたらw( ̄▽ ̄;)wワオッ!!って思うもの・・・
わが子だったら注意するだろうなぁ。
確かに、自分(親)としてもイヤだと感じるし他人様も同じ感情を抱く=変に思われちゃう?!
と心配するよね。
でも、本人はまだ、わかんないんだよねー。

きっともっと他人の目を意識するようになったら、自然と変わる=止めるんじゃないかなぁ。
見た目だけじゃなくて、‘お鼻の中のバイキンがお口に入って汚いから指を洗おうね、拭こうね’とか・・・言ってイイと思うよ。
注意しちゃイケナイとか、
注意シナイホウガイイとか、じゃない、と思う。
コレは‘躾’とは関係ないと思うけど、特に幼い頃のしつけは大事だと思う。

上の文中の「本人にとってのマイナスは放っておく」とは・・・
親としては微妙~なかなか難しいものです。
時と場合によると思うんだよ。言い方、話し方によるところが大きいと思う。
上のコノ‘放っておく’アドバイスが有効なのは、思春期の子どもにだと思うよ~。
あんまり( `ロ´)≪ガミガミガミガミ(_ _。)・・・シュン
言っても反抗するし、結局は、本人が身をもって体験したり感じたりする事が一番の解決であり習得であると思う。
まぁ色んな親子が居ますから、このアドバイスがイイッ!!とは一概には言えないよね。
まぁ大体の親が、ついつい、気を回しすぎてしまうから・・・
本人にとって遠回りになったり、痛い思いをしても・・・ちょっと放っておこう~
な位の気持ちの方が、結果ギスギスし過ぎずいいんじゃないかな~
って我家を振り返り、共感したわけですよ、``r(^^;)

ちょっと つまんない話?にも コメントもらえて嬉しかったよ。
いつもありがとうd(^-^)ネ!
inapin  URL   2009-03-03 15:49  

 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コビト時計2(着ぐるみ版)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

プロフィール

inapin

Author:inapin
さいたま市在住 40代主婦 夫と子ども3人の5人家族です。
布小物を時々、編み物中心に手作りを楽しみ委託もしています。気まぐれ更新なブログですがコメントを頂けると励みになります。仲良くして下さいネ~(*^^*)

リンク

このブログをリンクに追加する

星が見える名言集100

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

四季の花時計

レシピカレンダー

developed by 遊ぶブログ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

amazon今日の新刊コミック

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

ブログ内検索

イラスト英単語

Produced by お散歩英語 English Walk

♪BGM

©Plug-in by PRSU


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。